美バスト目指して育乳ブラを使用│デリケートな女性の悩みを解消

婦人

解決に向けて

ウーマン

元々膣が少し大きく、それによってお風呂に入っているときに水が入ってしまう人がいます。また出産を経験したことにより、広がってしまう人もいます。膣の大きさに悩んでいるのであれば、クリニックで膣の縮小施術を受けてみましょう。それによって緩みが生じていた部分を縮小し引き締めることができ、悩みを解決することが可能となります。局所麻酔などをして短時間で施術も完了出来るものなので、まずは相談してみましょう。そこで費用や施術の利点、また施術後に注意すべき点に関して確認して、全てに納得が出来た時点で契約し、施術を受けることが大切です。費用は30万円前後掛かることもあるので、支払い方法に関しても確認を行なっておく必要があります。いまは頭金を支払った後、分割払いも可能なので、全て一括で払えなくても問題ありません。

膣の縮小施術の際、場合によって不要な部分の皮膚の切除が行なわれますが、麻酔注射をするため痛みを感じることはほとんどありませんし、特殊な糸で縫合し消毒までしっかりと行なってくれるため、安心して受けられます。ただ施術後何をしてもいいというわけではありません。例えば、普段からお酒を飲んだり、タバコを吸ったりしている人は、1週間ほどは控えるようにしましょう。また激しい運動も施術後は少しの間控える必要はあります。ですが一定の期間を過ぎれば膣の縮小施術の結果が得られて、悩みのない生活を送ることが出来るようになります。